過払い金用意するもの

MENU

過払い金請求で用意するもの

過払い金の返還請求で用意するものはいくつかありますが、弁護士や司法書士に依頼するなら、自分で用意するものはほとんどありません。

 

必要なのは、依頼時に委任状に捺印するための認め印、本人であることが確認できる免許証や保険証などの身分証明書。

 

過払い金の返還請求をしたい会社名と、借り入れを始めた時期がわかるものです。

 

これは手書きのメモでも大丈夫です。

 

必要最低限これだけあれば返還請求できますが、このほかにもあれば理想的なのが、取引状況がわかる書類や契約書です。

 

弁護士に法律相談や依頼をするときは、事実を正確に伝えることが何よりも大切です。

 

正確な情報を伝えるために、過払い金に関する資料をできるだけ多く持って行くことをおすすめします。

 

具体的にはクレジットカードや消費者金融のキャッシュカード、契約書、引落し口座のコピーや、振込明細書など、取引状況が具体的にわかる書類をすべて持って行きましょう。

 

この他にも必要なものがあれば、その都度弁護士や司法書士が指示してくれますので、言われたとおりのものを用意して持っていけばいいのです。

 

弁護士には自分とって不利なことや、言うのが恥ずかしいことでも、包み隠さず伝えておかないと、後々トラブルになる可能性があります。

 

例えば、現在借金をしているけれど、払えないから過払い金を借金返済に充てたい、家族には絶対に知られたくない、名義貸しをした借金の過払い金を請求したいなど、言いたくないことでも、きちんと伝えておかなければ困ったことになりかねません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所