MENU

過払い金請求は和解後でも可能?

和解とは、お金の貸し借りなどの民事上の対立があった場合に、お互いが譲り合って争いをやめることをいいます。

 

例えばお金を借りていて、その返済が困難になったときに、借りている貸金業者に返済の条件の緩くしてもらうことがありますが、これも和解の一種です。

 

和解が成立した証として、和解契約書を交わします。

 

このときの契約書に、この他に債権債務はありませんという文言が書かれている場合があります。

 

このような和解契約をした相手に過払い金を請求すると、和解契約で債権債務はないとお互いに確認しているのだから、返還請求には応じられないとして、断られることがあるのです。

 

一度、和解契約を交わしたら、その返済分の過払い金は請求できなのでしょうか。

 

そんなことはありません。

 

利息制限法をこえる金利で支払った契約は、無効になると法律で決められているからです。

 

法定利息以上の金利で返済したお金は、たとえ過去に和解をしていても、過払い金を払うよう命じる判決が出ています。

 

しかし和解後の返還請求では、借り入れ契約や和解条件など、さまざまな要素を考え合わせる必要があります。

 

複雑な問題ですから、弁護士や司法書士に和解後の過払い金返還請求であることを伝え、最善の方法でお金を回収してもらいましょう。

 

個人で交渉を進めても、満足の行く金額でお金を返してもらうまでには、かなり難航すると予想されるからです。

 

弁護士や司法書士は和解後の過払い金返還請求の訴訟について、過去の判例を知っていますから、交渉や裁判を有利に進められるのです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所