過払い金手続き

MENU

過払い金返還請求の手続き

過払い金の返還請求手続きは、どのような手順で行われるのでしょうか。

 

法律事務所に依頼した場合は、その法律事務所が返還請求手続きの依頼を受けたことを伝える「受任通知」を相手の貸金業者に送り、取引履歴の開示を求めます。

 

取引履歴が送られてきたら、利息制限法をもとに過払い金を算出し、「過払い金返還請求書」を送ります。

 

その後、弁護士などが返還金額や返還日などについて交渉を進めます。

 

相手が交渉に応じた場合は、お互いの間で合意書を取り交わし、お金を返してもらいます。

 

返還日までに入金されれば、手続きは完了です。

 

相手が交渉に応じない場合は、相手の貸金業者を起訴するために、訴状や証拠の書類を作って裁判所に提出します。

 

その後は裁判所の口頭弁論で、お互いの主張や反論を繰り返します。

 

それぞれの主張が出尽くしたころに、裁判所が和解勧告を行います。

 

そこで和解できれば一件落着です。

 

相手が和解に応じない場合は、裁判所が判決を言い渡します。

 

判決通りにお金が入金されれば解決しますが、入金されなければ督促を行い、それでも支払われなければ、強制執行の手続きが必要になる場合もあります

 

最近では、消費者金融などの貸金業者は、なかなか過払い金の交渉に応じようとしません。

 

しかし一度、弁護士や司法書士に依頼すれば、これらの手続きや交渉、訴訟はすべて代理で行ってくれます。

 

返還交渉を少しでも有利に進めるために、過払い金を得意とする弁護士司法書士に依頼することをおすすめします。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所