MENU

過払い金がいくらあるかの調べ方

過払い金があるかもしれないけれど、調べ方がわからない。こんなときは、どうすれば過払い金の有無や、その金額がわかるのでしょうか。

 

過払い金は、利息制限法という法律で決められた金利をもとに計算します。

 

そのためには、これまで借りたり返したりした取引の、履歴が必要です。

 

数年にわたる借金の場合、昔の支払い履歴がわからないという人が大半ですから、手元にそのような資料がなくても安心してください。

 

借りた会社に、これまでの取引履歴を見せてほしいと要求できるからです。

 

これを取引履歴の開示と呼んでいます。

 

自分で相手に取引履歴の開示を要求することもできますが、弁護士などに頼んだほうがスムーズに取引履歴が送られてくるでしょう。

 

取引履歴の開示を求められたら、要求に応じなければならないと決められていますが、貸金業者にとっては厄介な話です。

 

素人が取引履歴の開示を求めても、取引履歴の一部しか送ってこなかったり、送ってくるまでに何カ月もかけたりと、素直に応じない場合もあるからです。

 

取引履歴が送られてきたら、これを元に、逐一法定利息と比較し、引き直し計算という方法で、本来あるべき返済額を算出します。

 

すでに支払った金額の総計から、本来あるべき返済額を差し引いた額が、過払い金になります。

 

すべての取引を細かく見直していくのですから、自分で計算するのは時間がかかりますし、計算間違いも多くなります。

 

弁護士や司法書士などの専門家に任せたほうが安心でしょう。

 

大まかな金額が知りたい人は、引き直し計算ができるフリーソフトがありますから、インターネットで検索してみてはいかがでしょうか。

 

街角法律相談所

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所