MENU

過払い金請求でお金が戻ってこない場合とは?

過払い金を請求しても、お金が戻ってこない場合があります。

 

まず考えられるのは、過払いが発生していない場合です。

 

平成22年の法改正で、グレーゾーン金利が廃止になりました。

 

それ以降は、法定金利内で貸し付けなければ違法になりますから、最近お金を借りて返したばかりの人は、法定金利内で借りているはずなので、過払いが発生していない場合がほとんどでしょう。

 

過払いが発生しているのに戻ってこない場合もあります。

 

過払い金にも時効があるからです。

 

取引完了後10年以上たっている過払い金は、請求できません。

 

一日も早く、手続きをしましょう。

 

そして最悪のケースが、借りていた会社が倒産している場合です。

 

これは会社そのものがないのですから、返してもらいようがありません。

 

倒産した会社はその後一定期間、返還請求を受け付けますが、この期間が過ぎてしまえば請求することはできません。

 

また、受付期間内であっても、相手はお金がありませんから、少額のお金しか返ってこないでしょう。

 

過払い金が返ってくるかどうかを知りたい人は、弁護士や司法書士が行っている無料相談に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

借りている会社の名前と初めて借りた時期、完済した時期、借入金額などを伝えると、これまでの経験から、おおまかな予想ができますから、アドバイスがもらえるはずです。

 

過払い金がいくらくらいあるのかを知りたい人は、自分で計算できるフリーソフトもあります。

 

インターネットで検索をして使ってみるのもおすすめです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所