MENU

過払い金の該当者はどんな人?

過去に借金をしたことがある人は、過払い金が発生している可能性があります。

 

つまり、借金の経験のある全ての人が、過払い金の該当者になっている可能性があるのです。

 

そのなかでも、平成22年以前に消費者金融からお金を借りていた人、年利20%以上の利息で返済していた人、完済してから10年未満の人は該当者となる確率が高いといえます。

 

過払い金とは、法律で決められた金利よりも高い金利で返済したお金のことです。

 

平成22年の法改正前は、ほとんどの消費者金融が法律で決められた上限金利よりも高利で貸していました。

 

上限金利は15%〜20%と決められていますが、29.2%までの金利であれば刑罰の対象とならなかったため、大半の消費者金融が20%以上の金利でお金を貸し付けていたのです。

 

15%〜20%の上限金利と法律違反となる29.2%の間の金利を、グレーゾーン金利と呼んでいます。

 

このグレーゾーン金利で何年間もお金を借りていた人は、過払いが発生している可能性が非常に高いのです。

 

法改正後はグレーゾーン金利は廃止されましたので、最近お金を借りて返したばかりの人は、過払いが発生しにくくなりました。

 

また完済から10年たつと、時効となります。

 

時効とは法的な権利を失うことですが、過払い金にも時効があるのです。

 

時効は10年と決められており、完済して契約が終了してから10年をこえたものは、たとえ過払いが発生していても返還請求できないのです。

 

過払い金の具体的な金額は、その人の借りた状況や条件などによって異なりますから、金額が気になる人は、弁護士司法書士に相談してみましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所