MENU

過払い金請求は弁護士と司法書士どちらが得?

過払い金の返還請求は弁護士か司法書士に依頼しますが、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

 

どちらも依頼人に代わって、和解交渉や訴訟を行いますが、司法書士は140万円以上の返還交渉ができないと決められています。

 

これは1社につき140万円という意味ではなく、数社にまとめて過払い金の返還請求をする場合、全体で140万円以下でなければ頼めないのです。

 

さらに交渉が決裂して裁判に持ち込まれたときに、司法書士が代理訴訟できるのは、簡易裁判所だけです。

 

地方裁判所などでは弁護士しか代理訴訟ができませんから、数社まとめて返還交渉をする場合は、弁護士に依頼するケースが多くなります。

 

このような制限がありますから、一般的には司法書士のほうが費用が安いとされています。

 

140万円以下の過払い金を和解交渉だけで返してほしい人は、司法書士に依頼するのもおすすめです。

 

弁護士には金額制限がない他にも、さまざまなメリットがあります。

 

まず、裁判に強いのが最大のメリットです。

 

裁判に強いということは、当然和解交渉にも強いということです。

 

そして地方裁判所から最高裁判所まで、どの裁判所でも争えるのも大きな強みです。

 

地方裁判所で争うとなると、向こうの貸金業者も弁護士を立てなければならず、解決までの期間も長引きます。

 

それなりの経費がかかりますから、裁判にかけられるくらいならと、有利な条件での和解をもちかけてくるケースが多いのです。

 

どちらに頼むかはケースバイケースですが、いずれにせよ、親身になって相談にのってくれて、依頼者が少しでも有利になるように交渉してくれる人にお願いするのがベストです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所