過払い金返還請求する

MENU
匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所
 

過払い金返還請求をする記事一覧

長年かけて借金を完済した人は、過払い金の返還請求をすると、お金が返ってくることがあります。しかし個人で請求をするのは難しいですから、法律の専門家に相談して、代理で返還請求してもらうことをおすすめします。では過払い金の返還請求は、どこに相談すればいいのでしょうか? 依頼人の代理で返還請求ができるのは弁護士か、司法書士です。司法書士は140万円までの過払い金請求しか取り扱えません。弁護士は、このような...

過払い金の返還請求を得意とする法律事務所は、ほとんどのところが無料相談を行っています。いざというときに頼りになる弁護士や司法書士ですが、初めての場合は特に、頼みにくいと感じる人が多いのではないでしょうか。日本弁護士連合会のアンケート調査によると、60.5%の人が費用がわからないので頼みにくいと回答しています。そして41.1%の人が近づきにくいと感じているとも回答しているのです。費用が明確でなく、何...

過払い金の返還請求をするときに頼りになるのが、弁護士や司法書士です。長い人生の中で、どうしてもお金が必要になり、当座の工面のためにお金を借りた。しかし不景気で計画通りに返済できなくなってしまった。このような事態に陥っている人のつらさ、苦しみを理解し、親身になって交渉をしてくれる人でなければ、スムーズな解決につながりにくいからです。トラブルに遭って困っているとき、法的な側面から適切なサポートをしてく...

大手の法律事務所では、全国対応で過払い金の返還請求を行っています。全国対応ですから、近くに法律事務所がない人でも、気軽にインターネットから相談や、申し込みができます。全国対応の法律事務所はサービスも豊富で、対応もきめ細かなところが多いのが特徴です。法律事務所まで出かけていく時間がないという人でも、電話やメールで手続きを進めることができるので便利です。遠いところからの相談でも、面談と同じように丁寧に...

過払い金があるかもしれないけれど、調べ方がわからない。こんなときは、どうすれば過払い金の有無や、その金額がわかるのでしょうか。過払い金は、利息制限法という法律で決められた金利をもとに計算します。そのためには、これまで借りたり返したりした取引の、履歴が必要です。数年にわたる借金の場合、昔の支払い履歴がわからないという人が大半ですから、手元にそのような資料がなくても安心してください。借りた会社に、これ...

過払い金の返還請求手続きは、どのような手順で行われるのでしょうか。法律事務所に依頼した場合は、その法律事務所が返還請求手続きの依頼を受けたことを伝える「受任通知」を相手の貸金業者に送り、取引履歴の開示を求めます。取引履歴が送られてきたら、利息制限法をもとに過払い金を算出し、「過払い金返還請求書」を送ります。その後、弁護士などが返還金額や返還日などについて交渉を進めます。相手が交渉に応じた場合は、お...

過払い金はどのような手続きをすれば、手元に戻ってくるのでしょうか。過払い金の返還請求は、次のような流れで手続きを進めていきます。まず、借りた会社との取引状況がわかる契約書や振込通知書、キャッシュカードなどを持って、弁護士や司法書士に依頼に行きます。具体的な資料がなければ、手書きのメモでもかまいません。依頼人の仕事はここで一休みです。次からの手続きは、依頼を受けた法律事務所が行います。弁護士や司法書...

過払い金の返還請求で用意するものはいくつかありますが、弁護士や司法書士に依頼するなら、自分で用意するものはほとんどありません。必要なのは、依頼時に委任状に捺印するための認め印、本人であることが確認できる免許証や保険証などの身分証明書。過払い金の返還請求をしたい会社名と、借り入れを始めた時期がわかるものです。これは手書きのメモでも大丈夫です。必要最低限これだけあれば返還請求できますが、このほかにもあ...

過払い金の返還請求をするときの必要書類には、どのようなものがあるのでしょうか。弁護士や司法書士に相談に行くときには、過去の取引状況や契約内容がわかる書類を持って行きましょう。また、正式依頼するときは、本人であることが確認ができる、運転免許証や保険証などの身分証明書と印鑑も必要です。金融業者との契約書、取引明細書や振込明細書、キャッシュカードなど、相談内容が具体的に分かる書類があれば持っていきます。...

過払い金がいくらあるのかを計算するときに使われるのが、引き直し計算です。貸金業者は、利息制限法で貸したお金に付ける金利の上限が決められています。貸したお金の金額(元本)によって上限金利は変わりますが、15%〜20%以下の金利で貸すことが義務付けられているのです。法律で決められた金利よりも高利で借りていた人は、過払い金が発生している可能性が高いので、「引き直し計算」で過払いの金額を算出します。引き直...

過払い金の返還請求は法律事務所に依頼すると、家族に内緒で行えます。弁護士などに頼まずに個人で過払い金の返還請求を行ったら、貸金業者からの取引履歴や裁判所からの書類が郵送されてきますから、家族に内緒にしておくのは難しいでしょう。しかし法律事務所にお願いすれば、このような書類はすべて法律事務所に届きますし、法律事務所からの連絡も、家族にわからないように配慮してくれます。その後の貸金業者との交渉や裁判の...

過去に借金をしたことがある人は、過払い金が発生している可能性があります。つまり、借金の経験のある全ての人が、過払い金の該当者になっている可能性があるのです。そのなかでも、平成22年以前に消費者金融からお金を借りていた人、年利20%以上の利息で返済していた人、完済してから10年未満の人は該当者となる確率が高いといえます。過払い金とは、法律で決められた金利よりも高い金利で返済したお金のことです。平成2...

過払い金の返還請求を、自分でしたいと考える人も多いのではないでしょうか。多重債務が社会問題となり、政府は消費者金融などの貸金業者への締め付けを厳しくしました。平成22年に「貸金業法」が改正され、グレーゾーン金利の廃止など、高利での借金をなくすように政策を進めています。このため、法改正前に消費者金融などからお金を借りていた人は、その利息を払い過ぎている可能性が高いのです。過払い金の請求をするためには...

過払い金の返還交渉は、電話や書面で行うのが一般的ですが、重要なのが電話交渉です。相手はプロの貸金業ですから、過払い金請求にはうんざりするほど多くの対応をしてきています。知識、経験ともに豊富な貸金の専門家なのです。平成22年に貸金業法の改正があり、グレーゾーン金利で返したお金の請求ができるようになりました。消費者金融などの貸金業者は過払い金を返済しなければならない上に、これまでのような高利でお金を貸...

過払い金の返還請求は弁護士か司法書士に依頼しますが、いったいどのような違いがあるのでしょうか。どちらも依頼人に代わって、和解交渉や訴訟を行いますが、司法書士は140万円以上の返還交渉ができないと決められています。これは1社につき140万円という意味ではなく、数社にまとめて過払い金の返還請求をする場合、全体で140万円以下でなければ頼めないのです。さらに交渉が決裂して裁判に持ち込まれたときに、司法書...

過払い金返還請求を法律事務所に依頼するときに、気をつけたいのが法律事務所の選び方です。特に、債務整理で過払い金の返還請求をする場合に苦情が出ることが多いので、複数の法律事務所のホームページを見て比較検討し、電話で無料相談を受けた上で、納得の行く事務所に依頼することが大切です。弁護士選びのポイントは、まず第一に適正価格。次に依頼者の利益を第一に考えて交渉や手続きをしてくれる使命感のある弁護士。この2...

過払い金の返還請求をするときには、これまでの取引をさかのぼって、法律で決められた利息で引き直し計算をして、どれくらいの過払いが発生しているのかを算出します。このため、これまでの取引明細が必要になります。しかし完済後、数年たって過払いに気づき、お金を請求する場合などは、手元に明細がない人も多いのではないでしょうか。明細がない場合でも、過払い金を請求できますから安心しましょう。手元に明細がなくても、取...

過払い金を請求しても、お金が戻ってこない場合があります。まず考えられるのは、過払いが発生していない場合です。平成22年の法改正で、グレーゾーン金利が廃止になりました。それ以降は、法定金利内で貸し付けなければ違法になりますから、最近お金を借りて返したばかりの人は、法定金利内で借りているはずなので、過払いが発生していない場合がほとんどでしょう。過払いが発生しているのに戻ってこない場合もあります。過払い...

和解とは、お金の貸し借りなどの民事上の対立があった場合に、お互いが譲り合って争いをやめることをいいます。例えばお金を借りていて、その返済が困難になったときに、借りている貸金業者に返済の条件の緩くしてもらうことがありますが、これも和解の一種です。和解が成立した証として、和解契約書を交わします。このときの契約書に、この他に債権債務はありませんという文言が書かれている場合があります。このような和解契約を...

消費者金融などからお金を借りた場合、グレーゾーン金利の範囲内で本来支払う必要がない利息を支払ってしまっていたケースも考えられます。いわゆる「過払い金」の問題ですが、この払いすぎてしまった分を取り返そうにもなかなか困難が立ちはだかり、思うように行かないケースが多いものです。過払い金を受け取っていた金融業者としては返してくれといわれて素直に返還してしまうと経営危機に陥ってしまう恐れもありますし、せっか...