MENU

過払い金の返還請求とは?

過払い金とは、消費者金融などの貸金業者等から借りたお金の利息が、法律より高い金利だった場合に発生するお金です。

 

利息制限法という法律で定められた利率をこえる高利であった場合、その金利で返済したために払い過ぎたお金を、過払い金と呼んでいるのです。

 

利息制限法では利息の上限を、次のように定めています。

 

10万円未満の借り入れの場合は年に20%、10万円以上100万円未満の借り入れの場合は年に18%、 100万円以上の借入の場合は年に15%までです。

 

これをこえる貸し付けは、無効とされています。

 

しかし、平成22年の法律改正前は、年に29.2%までなら刑事罰に問われないという法律があったため、20%以上の高利で貸し付ける消費者金融が多かったのです。

 

利息制限法で決められた上限利息(15%〜20%)以上、29.2%以下の金利をグレーゾーン金利と呼んでいます。

 

このグレーゾーン金利で長年返済をしていた人は、過払い金が多額に発生している可能性が高いのです。

 

過払い金返還請求の手続きは、弁護士や司法書士に依頼して行いますが、弁護士や司法書士であったら誰でもいいというわけではありません。

 

なるべく、過払い金の返還請求を得意とする法律事務所にお願いしましょう。

 

たとえ回収できるお金が100万円あっても、下手な交渉をすれば、50万円しか返ってこないこともあります。

 

貸金業者との交渉に慣れている法律事務所なら、依頼者が少しでも有利になるように交渉をしてくれるので安心して任せられます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所