過払い金リスク

MENU

過払い金返還請求のリスク

過払い金の返還請求をすると、何かリスクがあるのでしょうか。

 

借りていたお金を完済した後に、返還請求するのであれば、リスクはほとんどありません。

 

過払い金は本来あるべき金利よりも高い金利を支払っていたために発生したのですから、金融業者は不当な利益を得ていることになります。

 

その不当な利益を返してくれと請求するのは、正当な権利なのです。

 

それにもかかわらず、返還請求をした金融業者によっては、今後お金が借りられなくなる場合があります。

 

これが数少ないリスクといえるでしょう。

 

正当な権利を行使しただけなのに、今後その会社からお金が借りられないのは納得がいかないと感じる人も多いのですが、他の金融業者との取引には差し支えがありませんから、融資が必要な場合は他の金融機関から借りましょう。

 

しかし過払い金は、借金をしたことがある人なら誰にでも発生するわけではありません。

 

借りていた金利や期間など、取引状況によっては過払い金が発生しないケースもあります。

 

特に平成22年からグレーゾーン金利が撤廃されましたから、これ以降に借りた人は、過払い金が発生している可能性は低くなります。

 

現在では経営が苦しい貸金業者が多くなったため、なかなか返済交渉に応じてくれない場合もあります。

 

そのときは、さらに粘り強い交渉や、裁判所を通じた訴訟が必要になるので、お金が戻ってくるまでに時間がかかることもあります。

 

リスクといえば、これくらいしかありません。

 

平成22年以前にお金を借りていた人は、弁護士司法書士に相談してみてはいかがでしょうか。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所