過払い金メリット

MENU

過払い金のメリットとは?

過払い金とは、利息制限法という法律で定められた利息以上の高利で返済していたために生じる、払い過ぎたお金のことです。

 

高利で貸した金融業者は不当な利益を得ていることになりますから、返すよう請求するのは当然の権利です。

 

戻ってこないと諦めていたお金が返ってくるのが、最大のメリットです。

 

借入状況にもよりますが、返済期間が長い人ほど、返ってくる金額は多く、なかには100万円以上のお金が戻ってきた人もいます。

 

完済後10年以内なら、過払い金の返還請求ができることもメリットの一つでしょう。

 

平成22年以前は、いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる高利で貸し付けていた金融業者がほとんどでしたから、昔の借金ほど過払い金の額が大きくなります。

 

とっくの昔に借金の返済が終わったのだからと放っておくと、何十万円ものお金を損することになるかもしれません。

 

この機会に、過払いが発生していないかどうか、見直すことをおすすめします。

 

過払い金の返還請求をすることにより、ブラックリストに載るのではないかと心配する人も多いのですが、完済後に返還請求をしても、ブラックリストに載ることはありません。

 

ただ、消費者金融などの金融業者は、金利の引き下げや過払い金請求で経営不振に陥り、吸収合併や廃業に追い込まれたところも多いので、当時のままの状態で会社が残っていないこともあります。

 

吸収合併されて会社の形態が変わっている場合は、完済したとみなされないケースもあります。

 

返還請求をする前に、念の為に完済しているかどうかを確認するほうが安全ですから、弁護士司法書士に相談しましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所