過払い金名義貸し

MENU

過払い金返還請求と名義貸し

本来なら、してはいけないことですが、消費者金融などから借金をするために名義貸しをしたことがある人もいるのではないでしょうか。

 

親戚や恩人、友人など大切な人から頼まれて断りきれなくなり、その人のために自分名義で消費者金融などの貸金業者からお金を借りた場合でも、過払い金の返還請求はできるのでしょうか。

 

また、このときに回収されたお金は、誰のものなのでしょうか。

 

名義貸しで借金をした場合、名義人は名前を貸しているだけですから、実際にお金を借りて返済しているのは名義を借りている人です。

 

この人が、途中で借金の返済ができなくなったら、その後の返済は名義人が支払う義務があります。

 

そうでなければ、何ら借金をしていない名義人が債務不履行で一括返済を求められたり、訴えられたりするからです。

 

では、名義を貸した人が借金を全額返済して取引が完了した後の、過払い金の返還請求は、どうなるのでしょうか。

 

もちろん返還請求は可能です。

 

このときに請求できるのは名義人だけです。

 

自分は一切お金を借りていないし、高い利子で苦労して返済をしていなくても、名義人でなければ請求権はありません。

 

しかし、道義上の問題もありますし、取引状況によってはトラブルに発展する可能性も考えられます。

 

名義貸しをした借金の過払い金を請求する場合は、そのことを弁護士司法書士に伝えて、適切な対処法を相談しましょう。

 

また、過払い金が戻ってきたら、名義を貸した人とどのように分配するかも話し合っておかなければ、後々トラブルになることもあります。

 

よく考えてから過払い金請求をすることをおすすめします。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所