MENU

過払い金の個人請求メリットとデメリット

過払い金の返還は弁護士や司法書士に頼まず、個人請求で行うことも可能です。

 

弁護士などに支払う費用が節約できるので、個人で返還請求をしたいと考える人も多いようです。

 

個人請求をする場合は、弁護士などがすることをすべて自分でしなければいけません。

 

まず、金融業者に取引情報の開示を求める書類を送り、取引情報が送られてきたら、それをもとに引き直し計算をして過払い金を算出し、過払い金の返還請求書を作って、相手に送ります。

 

その後、具体的な交渉を進め、交渉が難航した場合は、裁判所に訴訟を起こす必要があるかもしれません。

 

政府が法改正を行って貸金業者への規制を強化したため、どの貸金業者も経営が苦しいのが実情です。

 

出費がかさむ過払い金の返還交渉にも、なかなか応じてくれません。

 

過払い金の正確な金額を算出し、ごねる金融業者と和解交渉を進める手間暇を考えると、弁護士費用を払ってでもプロに依頼したほうが、得策ではないでしょうか。

 

個人交渉の場合は、金融業者は相手が素人だとなめてかかる場合もありますから、知識と粘りが必要です。

 

裁判ざたになった場合は、徹底的に争う覚悟も必要です。

 

会社勤めや商売をしている人が、仕事に支障を来さずに和解交渉や訴訟を進めるのは、難しいのではないでしょうか。

 

個人請求のメリットは弁護士などに支払う費用が節約できることです。

 

デメリットは、回収するまでの手間暇と、そこまで労力をかけてもプロと同様の金額を回収できるとは限らないことです。

 

費用対効果を考えれば、法律のプロである弁護士司法書士に依頼したほうが賢明になります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所