過払い金期限の利益喪失

MENU

過払い金と期限の利益喪失

過払い金の訴訟で、期限の利益喪失をめぐる論争が起こることがあります。

 

通常の借金は、借りたお金に利子を付けて、月々の分割払いで返済します。

 

本来なら一括で返すべきですが、特別に分割払いに応じますよと貸金業者は言っているのです。

 

この分割払いに応じる期間のことを「期限の利益」と呼んでいます。

 

つまり、ある一定の期限内であるなら、分割払いに応じてくれるのです。

 

消費者金融などからお金を借りるときに交わす契約書には、約束の期日に返済できなかった場合は、期限の利益喪失となると書かれています。

 

どういう意味かというと、支払いが遅れたら、それ以降は分割払いに応じませんよ、一括で全額返金してくださいということです。

 

しかし、実際に返済遅延をした人ならお分かりだと思いますが、遅延利息を取られただけで、その後も続けて月々の支払いをして完済したのではないでしょうか?

 

分割払いに応じているのだから、期限の利益喪失とはなっていませんよね? 

 

ところが、遅延利息を払った人が過払いに気づいて返還請求をしたときに、金融業者がこれを理由に、返還に応じなかったのです。

 

そこで裁判となりました。

 

裁判の判決では、期限の利益喪失をしていないと信じて分割返済で完済した顧客に対して、それを知っていながら黙っていたことを非難しています。

 

黙って分割払いに応じていたのに、過払い金の請求をされた途端に、期限の利益喪失を理由に返金を断るのは、利用者の信頼を裏切る行為だとして、過払い金を返すように命じました。

 

遅延経験があっても、安心して過払い金の返還を要求しましょう。

 

当然の権利なのですから。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所