MENU

過払い金返還請求は、いつまでできる?

過払い金は、いつまでなら請求できるのでしょうか。

 

過払い金の返還請求には、時効があります。

 

取引終了後、10年で時効と決められているのです。

 

この取引終了とは、借り入れたお金を完済したことを意味しますから、借金を全額返した日から10年で時効になるわけです。

 

しかしキャッシュカード形式などで、一度借り入れ契約をして、その後完済を行っても、借り入れの基本契約が続いている場合は、まだ取引は終了していないと判断されることもあります。

 

このようなケースでは、完済後10年以上たっても時効が消滅しないため、過払い金請求が可能です。

 

しかし非常にまれなケースですし、裁判所の判断にも左右されますから、必ず時効が消滅するとは限りません。

 

もう一つ注意したいのが、途中で返済が中断しているケースです。

 

一度お金を借りて完済をした後、しばらくたってから、もう一度お金を借りたとします。

 

1度目の完済が10年以上前だったら、2度目の借り入れ分しか、過払い金の請求ができないことがあります。

 

しかし先ほど説明したように、1度目と2度目の取引を一つの借り入れ契約ととらえた場合は、どちらも返還請求ができます。

 

この判断は、きっちりとした線引きがされていないので、裁判で争われることが多く、判断がわかれるところです。

 

二度目の借り入れのときに契約書を作らず、今まで持っていたキャッシュカードなどで再度借り入れをした場合は、一連の取引と考えられますから、どちらも過払い金請求ができる場合があります。

 

ケースバイケースだといえるでしょう。

 

このような複雑な事例をのぞき、通常は返済後10年までしか返還請求できません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所