MENU

過払い金はいくらから返還請求できる?

過払い金がある場合、いくらから返還請求できるのでしょうか。

 

理屈で言えば、過払い金が1円でもあれば、返還請求は可能です。

 

しかし返還手続きや交渉などの費用を考えると、ある程度の金額がなければ、かえって損をします。

 

このため、弁護士や司法書士の費用は、返ってきたお金の○%を支払うという、成功報酬システムになっているところが大半です。

 

借金をすでに完済している人は、過払い金が低額であれば、返還請求をしても得になる可能性は低いでしょう。

 

しかし、現在借金をしていて、多重債務などで返済が苦しい人は、過払い金請求を含めた債務整理をすれば得になります。

 

債務整理を得意とする弁護士や司法書士に依頼すれば、さまざまな方法で借金の減額交渉をしてくれますから、返済が楽になります。

 

過払いがあるかどうかは、引き直し計算と呼ばれる方法で、これまで支払ってきた利息と、法律で決められている上限利息との差額を再計算して算出します。

 

法律では、10万円未満の借金は20%、10万円以上100万円未満の借金は18%、100万円以上の借金は15%までしか金利をつけてはいけないと定められています。

 

例えば200万円の借金を、年利23%で借りている人の場合、100万円以上の借金の年利は15%ですから、8%も高い利息で借りていることになります。

 

このような場合は、過払いが発生します。

 

過払い金を計算する無料ソフトもありますから、インターネットで検索して試算してみると、だいたいの金額がわかるはずです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所