過払い金グレーゾーン

MENU

過払い金とグレーゾーン金利

過払い金の返還請求を検討している人は、「グレーゾーン金利」という言葉をどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

グレーゾーン金利とは、2010年に施行された貸金業法と、出資法の改正によって生まれた言葉です。

 

バブル崩壊後、長期的な不況に見舞われた我が国では、消費者金融などから借りたお金を返せなくなり、多重債務に陥る人が続出しました。

 

これは法律違反スレスレの高利で、お金を貸し付ける業者が多かったからです。

 

2010年までは29.2%をこえなければ、法律で罰せられることはありませんでした。

 

100万円のお金を29.2%で借りていた人は、その借金は1年後には129万2,000円に跳ね上がっています。

 

一年間で29万2,000円以上のお金を返さなければ、いつまでたっても元本の100万円は返済できないのです。

 

このため2010年以降は法律で、元本が10万円未満の年利は年20%、10万円以上100万円未満の年利は18%、100万円以上の年利は15%をこえた借金は無効となりました。

 

この29.2%から法律で決められた15%〜20%の金利の間で借りたお金をグレーゾーン金利と呼んでおり、この金利で返したお金を過払い金として、返還請求できるのです。

 

先ほどの例で言えば、100万円の借金は15%をこえてはいけませんから、29.2%から15%を差し引きいた14.2%分の借金を過払い金として返還請求できます。

 

過払い金の返還請求は、法律のプロである弁護士司法書士に依頼することをおすすめします。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所