過払い金デメリット

MENU

過払い金のデメリットとは?

何年もかけて借金の返済を続けていた人ほど、過払い金が返ってくる可能性が高くなります。

 

過払い金とは、決められた金利より高い利息で返していたお金のことです。

 

法律で決められた額以上を支払っていたのだから、返してもらうのは正当な権利です。

 

心当たりがある人は、弁護士や司法書士に相談してはいかがでしょうか。

 

払ったお金が戻ってくるのは、とてもうれしいメリットですが、デメリットはないのでしょうか? 

 

完済した借金の過払い金を請求することに、デメリットはほとんどありません。

 

法律が認めている正当な権利なのですから、信用情報にこのことが記載されることもありません。

 

デメリットといえば、弁護士や司法書士に支払う費用がかかることくらいでしょう。

 

しかし、法律事務所に支払う費用を節約しようとして、個人で過払いの請求をすることはお勧めできません。

 

平成22年以降、金融庁などは貸金業者への規制を強めています。

 

このため消費者金融などは経営が立ち行かなくなり、倒産や吸収合併が相次ぎ、今では会社がなくなっていることも多いのです。

 

生き残った会社も経営が苦しいので、お金を返すことをとても嫌がります。

 

慣れない素人が個人で返還請求を行っても、交渉に応じない金融業者が多いのです。

 

過払い金請求を得意とする弁護士司法書士に依頼しないと、有利な条件で交渉を進めることは難しいでしょう。

 

多重債務に陥るなどして任意整理を行う際に過払い金請求をした場合は、借金を整理したことが信用情報に記録されますから、いわゆるブラック扱いとなり、5年くらいはローンやクレジットの審査に通らないので注意が必要です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所