過払い金クレジットカードキャッシング

MENU

過払い金とクレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング機能を利用している人で、長年にわたって返済をしている人は、過払い金が発生している可能性があります。

 

以前は大手銀行系のクレジットカードでも、キャッシングには「グレーゾーン金利」と呼ばれる高い金利で貸し付けていたからです。

 

グレーゾーン金利とは、今の法律では禁止されていますが、平成22年までは認められていた高い金利で貸していたお金のことです。

 

貸金業者は、お金を貸すとき利息制限法という法律で決められた金利より、高い利息をつけて貸したら刑罰が科せられます。

 

平成22年までは、法律で決められた金利は年に29.2%でした。

 

29.2%をこえなければ法律で罰せられませんから、クレジットカードのキャッシングにも高い金利が付けられていたのです。

 

しかし平成22年以降は、法律で上限金利が15%〜20%(元本によって金利が異なります)まで引き下げられました。

 

この15%〜20%の上限利息と、以前の29.2%の間の利息がグレーゾーン金利と呼ばれています。

 

このため、クレジットカードによるキャッシングでも、平成22年以前から利用していた人は、過払い金が発生している可能性が高いのです。

 

預金通帳や振込明細書など、これまでのキャッシングの利用状況を見て、グレーゾーン金利で借りていれば、過払い金の返還請求ができます。

 

過去の明細書が手元にない人でも、クレジットカード会社に取引履歴の開示を求めれば、これまでの取引状況が詳しくわかりますから、過払い金が発生しているかどうかを計算できます。

 

弁護士司法書士に相談してみましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所