過払い金代位弁済

MENU

過払い金返還請求と代位弁済

銀行が行っているサービスで人気なのが、無担保のカードローンです。

 

手軽に借りられるのが人気の理由ですが、無担保のリスクを解消するために、代位弁済を行う保証会社がついていることをご存じですか。

 

代位弁済とは、利用者からの返済が滞ったときに、利用者の代わりに借入金を立て替えて全額返済するシステムです。

 

この時点で、債務者は銀行から保証会社に移りますから、保証会社にローンの残りを、全額返済しなければいけません。

 

無担保ローンとはいえ、返済が滞ると大変なことになるのが銀行のカードローンなのです。

 

このカードローンを利用している人が、以前に借りていた消費者金融からの借金の過払い金を請求する場合は、注意が必要です。

 

カードローンの支払いが滞って代位弁済されてしまったら、その消費者金融にカードローンの残額を返済する必要がありますから、たとえ過払い金の請求をしても、その過払い金が借金の返済に充てられることになります。

 

こうなると、交渉がややこしくなりますから、カードローンの延滞には十分に気をつけましょう。

 

やむを得ず返済が滞って代位弁済の通知書が届いたら、一日も早く弁護士司法書士に相談しましょう。

 

支払いが滞れば、銀行預金が凍結されることもあります。

 

一日でも早く対処することが大切です。

 

銀行のカードローンを利用している人は、過払い金請求の前に、カードローンの契約書をもう一度読み直して、保証会社がどこであるかなどを確認することをおすすめします。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所