MENU

過払い金がある証拠?0和解

政府が消費者金融などの貸金業者への締め付けを厳しくしたこともあり、貸金業者の経営は苦しくなっています。

 

最近では払い過ぎた利息の返還交渉を行っても、全額を返してくれる金融業者が少なくなってきました。

 

経営が立ち行かなくなり、吸収合併されてしまった消費者金融もたくさんあります。

 

経営が苦しいですから、過払い金の返還請求に応じることができないのが現状なのです。

 

借金の減額交渉などの話し合いをして、双方が歩み寄り、問題が解決することを和解といいますが、このなかで、0和解と呼ばれる和解交渉を、貸金業者の方から持ち掛けてくることがあります。

 

0和解とは和解が成立した時点で、お互いの貸し借りの関係がなくなることです。

 

つまり、借金を0円にしてもらえるのです。

 

とてもお得な和解方法に思えますが、実は過払い金が発生していて、損をするケースが多いのです。

 

貸金業者は過払い金を請求されるのを嫌がりますから、借りている人の無知につけこんで、0和解を申し出るのです。

 

借金を0円にしますと言われて、喜んで和解契約書に判子を押してしまうと、返還されるのが当然の過払い金を請求できなくなります。

 

借金0円にしますと言われたら、すぐに弁護士司法書士に相談しましょう。

 

専門家が、これまでの借り入れ履歴を見て利息を計算し直し、過払い金が発生していないかどうかを調べてくれます。

 

利息を払いすぎていた場合は、返還請求をしてお金を返してもらいましょう。

 

返ってくるお金が多ければ借金を0円にした上に、手元にお金が返ってくることもあります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所