MENU

払いすぎたお金を戻すことも可能です

金融機関からお金を借りたら返さなければなりません。

 

そして返済は借りた金額だけでなく、利息をつけた形で行われます。

 

ですから利息がどれぐらいつくかによって最終的な返済金額に違いが出てくるほか、返済が長くかかればかかるほど利息が多くなっていくことになります。

 

ここまでは金融機関からお金を借りる以上、誰もが理解したうえで利用することになるわけですが、じつは過去にお金を借りたことがある方は本来支払う必要がない利息まで払ってしまっている可能性もあるのです。

 

これを払いすぎたお金、「過払い金」と呼んでいます。

 

金融機関はあらかじめ利息を設定し、借りる側もそれを了解したうえで返済しているはずなのにどうしてこのようなことが起こるのか、これにはこれまでダブルスタンダードといってもよい利息の上限に関する規制の問題がありました。

 

金利の上限に関しては法律によって上限が設けられています。

 

この規制によってお金がなくて困っている人の弱みに付け込んで、金融機関が高利でお金を貸し付けることを防いでいるわけです。

 

そしてこの規制を無視して高利の融資を行っている業者のことを闇金と呼びます。

 

問題なのはこれまで法律による上限が2種類あったことで、しかもそれぞれ上限が異なっていたのです。

 

まずひとつ目は出資法と呼ばれるものでこちらの上限は借りた金額にかかわらず29.2パーセントが金利の上限でした。

 

一方もうひとつは利息制限法。

 

こちらは借りた金額によって上限が異なっており、10万円未満なら20パーセント、10万円以上100万円未満では18パーセント、100万円以上では15パーセントと設定されています。

 

そして金融機関の大半が出資法を上限としていたのに対して、実際には金利は利息制限法の範囲内で設定されるべきだったため、この落差(グレーゾーン金利)によって本来支払うはずがない利息が発生したのです。

 

ですから自分で確認して金融機関と交渉することで払いすぎたお金を戻すことも可能です。

 

その際には弁護士や司法書士といったプロに依頼すればより有利に運ぶこともできますから、過払い金の金額なども考慮したうえで対策を検討してみましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所