MENU

過払い金請求にかかる費用は?

過払い金請求で気になるのが、弁護士や司法書に依頼する費用です。

 

弁護士に過払い金請求を依頼したら、合計でいくら必要なのでしょうか。

 

弁護士費用は、法律事務所によって支払いシステムが異なります。

 

一般的な弁護士費用は、相談料、着手金、報酬金、手数料、時間制報酬(タイムチャージ)などに分けて請求されるのが一般的です。

 

着手金は、依頼をお願いするときに支払う報酬です。

 

着手金が高いところもありますし、0円で引き受けるところもあります。

 

着手金が高いところは報酬金を低くしており、着手金が安い所は、報酬金を高く設定している場合が多いので、トータルで大きな違いはないと考えていいでしょう。

 

弁護士の登録が義務付けられている日本弁護士連合会は、報酬金の上限を決めています。

 

過払金が回収できたときの報酬金は、交渉で和解成立した場合は回収額の20%以下、 訴訟による場合は回収額の25%以下と決められているのです。

 

例えば消費者金融との和解交渉で、50万円が戻ってきた場合、50万円の20%である10万円までしか報酬金を受け取ってはいけないのです。

 

このような弁護士報酬とは別に、書類を郵送する郵便代や、訴訟を起こす場合はその費用などの実費もかかります。

 

また訴訟になると、裁判で代理口頭弁論をしてもらう際の日当も必要になります。

 

依頼をする前に無料電話相談などで料金システムを確認して、合計でいくらくらい必要なのかを計算してから依頼することをおすすめします。

 

法律事務所のホームページでは、料金システムも掲載されていますから、比較検討してみるのもおすすめです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所