過払い金返還請求費用

MENU

過払い金の減額報酬とは?

弁護士や司法書士への費用は、いくら払えばいいのでしょうか。

 

費用システムが複雑で、相場がわかりにくいというイメージが強い弁護士・司法書士費用ですが、日本弁護士連合会や日本司法書士連合会は、過払い金や債務整理の報酬にルールを作っています。

 

日本弁護士連合会のルールによると、減額報酬金とは貸金業者が主張する金額と、本来支払うべき金額との差額が生じた場合、その差額の10%以下を報酬金として支払うというものです。

 

具体的な例を挙げると、消費者金融などの貸金業者から200万円借りていた人が、弁護士に依頼したことによって借金が140万円に減った場合、60万円が減額されたことになります。

 

例えば減額報酬金が10%と決められていたら、この60万円の10%、つまり6万円を成功報酬として弁護士に支払うのです。

 

借金の完済後に過払いが発生していたことに気づいて返還請求をする場合は、減額報酬金は発生しません。

 

しかし、任意整理が目的で過払い金の返還請求をするときには、この報酬が発生する場合があります。

 

過払い金の費用についても、報酬金を支払います。

 

過払金の場合は、回収できた金額の○%を報酬として弁護士などに払います。

 

日本弁護士連合会のルールでは、報酬金の上限は和解交渉の場合は回収額の20%以下、訴訟による回収の場合は25%以下と決められています。

 

もし依頼した弁護士の報酬金が、日本弁護士連合会のルールより高い場合は、何らかの理由があるのかもしれません。

 

理由を聞いて、納得がいくようなら依頼しましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所