MENU

借金返済に困っているなら電話相談を

借入をして返済できればいいのですが、お金を自分で準備できない状況に陥る人も見られます。

 

そのようなケースで最もやってはいけないのは、借金返済をするためにその資金を他の金融業者から借り入れする方法です。

 

これはいわゆる多重債務の状態です。

 

多重債務になると、いわゆる自転車操業のような状態になります。

 

自転車操業はほとんどの事例で、早晩破綻するとされます。

 

また最初の内はまともな金融業者から借り入れもできるかもしれません。

 

しかし借入先が増えるとまともな金融業者は債権の焦げ付く可能性が高いと判断して、融資を断ります。

 

するとお金の借りられるところにこだわるあまり、本来借りてはいけないヤミ金業者などに引っ掛かってしまうリスクも高まります。

 

ヤミ金業者は利息制限法をはるかに超える、トイチやトサン、トゴといったとんでもない高利でお金を貸し付けます。

 

数万円しか借りていなくても、一気に雪だるま式に借金が膨らんでいきます。

 

多重債務になると、おそらく自分一人ではどうにもできなくなります。

 

しかもその借入先の中にヤミ金業者があれば、個人による借金問題の解決はほぼ不可能と言って良いでしょう。

 

そのような事態に陥っている人、このままいけば多重債務しか手のない人は、専門家に相談することです。

 

実はこのような借金問題を抱えている人を対象にした電話相談を受け付けている所があります。

 

国民生活センターという独立行政法人がありますが、こちらで借金問題の電話相談を受け付けています。

 

その他には都道府県ごとに設置されている消費生活センターの相談窓口でも多重債務などの借金問題の相談に乗っています。

 

さらに金融庁に設けられている相談窓口や法テラスのコールセンター、日本弁護士連合会の弁護士会の法律相談センター、日本司法書士会連合会の総合相談センターなど、電話相談できるところはたくさんあります。

 

また弁護士・司法書士事務所レベルでも、電話による問い合わせを受け付けていますから、借金返済ができなくなっている人はこのような所でアドバイスをもらいましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所