MENU

借金を返済できないとどうなるのか

どうしても借金の返済ができなくなってしまった、という状況は意外と起こりやすいことです。

 

給与が大幅カットになってしまった、仕事を辞めざるをえなくなってしまった、などの誰にでも起こりえる状況の変化によって、借金の返済ができなくなってしまうことはそんなに珍しいことではありません。

 

では、実際に借金滞納という事態に陥ってしまったら、どうなってしまうのでしょうか。

 

借入れをしている業者によっても順序が違ってきますが、まずはじめに行われることが多いのが、いつまでに返済できるのかということを確認する催促の電話です。

 

そして、次に行われることが多いのが督促状の郵送です。

 

これには、このままだと一括での返済となるという予告が書かれています。

 

その次は業者によっては、状況確認や取り立てのために自宅まで来ることもあります。

 

それでも返済されない場合、残った借入額を一括で返済するように請求されることになります。

 

その次には、簡易裁判所へ業者が申し立てを行い、裁判所によって呼び出されることになります。

 

それでも返済しないで滞納し続けた場合、財産や給与の差し押さえなどの強制執行が行われることもあります。

 

さすがに自宅まで来る業者はそんなに多くありませんが、そういうこともありえるという意識は持っておきましょう。

 

いずれにしても、このように段階が進んでいくことは、多くの人にとって望ましいことではありません。

 

この対策としてはいくつか方法があります。

 

既に借金滞納している場合は難しいこともありますが、借金を1つにまとめる「おまとめローン」がその1つです。

 

親などにお金を借りるのも方法の1つですが、この場合は一括返済できるだけ借りて完済し、その後はできるだけ早く返すことです。

 

副業をするのも1つの方法ですが、既にフルタイムで働いている人にとってはかなり難しい方法となります。

 

債務整理などの法的解決を試みるのも、方法の1つです。このうち、最も多いのは債務整理の方法を取るという人です。

 

いずれの方法も、それぞれメリットとデメリットがありますので、自分の環境などとあわせて考えることが大切です。

借金返済できない場合の対処法

借りたお金を返すのは、債務者にとって当然の義務です。

 

しかし何らかの事情で借金返済できない事態に遭遇することも十分あり得ます。

 

この時合わす顔がないと思って、ローン会社からの借金返済の催促から逃げ回るのは一番良くないことです。

 

期日通りの借金返済が難しくなった時点で、早めにローン会社に連絡することです。

 

そうすればローン会社もいろいろな対策を考えてくれ、借金の一部だけの返済とか、お金のない場合には利息だけでも返済してもらえないかといった話が提案されます。

 

早めにこのような誠意ある態度を取れば、ローン会社も決してみなさんに対して悪い印象は持ちません。

 

借金返済できないなどと言うと怒られるのではないかと思う人もいるでしょうが、まともなローン会社であれば、あくまでも事務的に対応してくれるはずです。

 

借金返済できなくなってローン会社に連絡するときには、「いつまでに返済できるか」ということをきちんと説明しましょう。

 

ローン会社としてみれば、謝罪されるよりも返済のめどが立っていることを重視します。

 

「給料が入ってくるのでいついつまでには返済できる」と説明をすれば、その期日まではそれ以上催促の電話などはかかってこないはずです。

 

借金を抱えていて、返済するお金が準備できない場合には、他の方法を検討しないといけません。

 

例えば誰かからお金を借りる方法を検討しましょう。

 

他人にできるだけ迷惑をかけたくないのであれば、親兄弟に借金することも考えてみます。

 

現在の収入での返済が厳しい場合は、もし時間に余裕があればアルバイトや副業などをして収入を上乗せして、それを返済資金に充てる方法もあります。

 

いろいろな方法を検討してみても、やはり借金返済できないというのであれば、債務整理を検討しましょう。

 

債務整理には借金の減額や自己破産のような借金の返済を免責できる方法があります。

 

弁護士に相談をして、どのような方法で債務整理すると良いかを聞いてみましょう。

借金を返済できない場合専門家に相談しよう!

借金を返済できているときはいいのですが、経済的に苦しくなって借金返済が難しくなることもあるでしょう。

 

借りたお金は返済しなければなりませんが、返済したくても収入が減ったので返済が難しくなったという人もいるでしょう。

 

返済が遅れる場合はすぐに金融業者に連絡をしましょう。

 

連絡もなく返済日が過ぎれば何度も電話がきます。

 

居留守を使うと印象が悪くなってしまいます。

 

返済日に遅れそうな場合には前もって連絡をしましょう。

 

絶対に返済日を過ぎることは許さないなどと言われることはありませんし、全額返済が無理な場合は7割返済など、解決策を一緒に考えてくれるでしょう。

 

どうしても返済が難しい場合には弁護士、司法書士などに相談して借金の解決法をアドバイスしてもらいましょう。

 

専門家に相談すれば、どうすれば借金地獄から抜け出すことができるか教えてくれるでしょう。

 

収入と借金の残高、将来の見通しなどを考えながらどのような債務整理をすれば最適かを一緒に考えてくれます。

 

長年借金を払い続けていた場合には、過払い金が発生することがあります。

 

違法となる高額な利息をつけて貸していた消費者金融に毎月返済していたのであれば、払いすぎている可能性があるのです。

 

過払い金は請求しなければお金は返ってきません。

 

弁護士や司法書士に債務整理の相談をすれば、過払い金の有無についても教えてくれるでしょう。

 

過払い金の可能性があれば業者に請求すれば借金が大幅に減るだけではなく、借金が完済でき、しかも手元にお金が残ることもあるのです。

 

ただし、個人で過払い金請求をしようとしても業者がきちんと対応してくれないので無理でしょう。

 

ここは専門家である弁護士や司法書士に任せるべきです。

 

収入に対して借金の額があまりにも大きな場合であれば自己破産を選択することになります。

 

早く借金をゼロにすることが生活再建への近道だと専門家が判断すれば、他の債務整理を選択せずに素直に自己破産の道を選択したほうが良いでしょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所