MENU

借金返済の相談は弁護士と司法書士どちらが良いか?

借金返済で悩んでいる、もはや自分一人ではどうにも解決できないようであれば、専門家に相談することをおすすめします。

 

借金問題を解決する方法として、債務整理があります。

 

今後の返済方法の見直しをすることで、無理のない返済計画を作り直す方法です。

 

債務整理を行うには手続きや債権者側との交渉もありますから、専門家を代理人として立てて手続きを進めていくことが一般的です。

 

債務整理などを請け負ってくれる専門家として、弁護士と司法書士がいます。

 

弁護士と司法書士のいずれに相談すべきかですが、皆さんが現在抱えている借金の総額によって変わってきます。

 

借金総額が140万円を超えている場合は、弁護士に依頼した方が良いです。

 

というのも司法書士の場合、140万円を超える債務額の債務整理に関して、法的手続きを取る権利がありません。

 

このため、申請書類などの代行はできますが、実際の法的手続きをするために別の弁護士を探さないといけません。

 

140万円以下の借金であれば、司法書士でも法的手続きや訴訟を起こす権限があります。

 

トータルで債務整理のサポートを受けたいのであれば、弁護士の方が安心でしょう。

 

上で紹介したように債務額の多少に関係なく、最後までサポートが受けられます。

 

また司法書士の場合簡易裁判所までなら代理人になれますが、地方裁判所以上では不可能です。

 

しかし弁護士は地方裁判所の代理人になれます。

 

債務整理を行っていく中で、不当に高い利息の支払いをしている人もいて、過払い金の発生が発見されることもあります。

 

この場合でも弁護士であれば、速やかに地方裁判所に提訴ができ、早めに過払い金を回収できる可能性が高いです。

 

ただし弁護士と言っても、誰でもいいわけではありません。

 

債務整理などの借金問題を専門的に行っている事務所を探しましょう。

 

不慣れな弁護士にお願いすると相手のペースに乗せられ、こちらにとって不利な条件で話がまとまってしまう可能性もあります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所