借金返済一本化デメリット

MENU

借金返済を一本化するデメリットは?

複数の借入先のある人向けの商品として、一部ローン会社ではおまとめローンというものを販売しています。

 

これは現在の借入先を一本化して借金返済する方法をさします。

 

こうすることで、借入残高の管理がしやすくなりますし、月に何度もある返済日を月に一回にできるため、資金調達の面で苦労しなくなります。

 

さらに大半のおまとめローンでは、複数借入している状態と比較すると、利息の支払いも少なくなります。

 

このため、複数借入先のある人はおまとめローンで、借金返済を一本化した方が良いとされています。

 

ただしおまとめローンには、落とし穴のあることも頭に入れておくべきです。

 

おまとめローンの場合、基本的に返済すべき借金の額は一切変わっていません。

 

この部分を見落とす人が結構多いようです。

 

おまとめローンにすると、今までの複数借入先のある状態と比較して、月々の返済額が少なくなるケースも多くあります。

 

このため、「借入額も少なくなっている」と勘違いしてしまう人も少なくないのです。

 

しかし月々の返済額が少なくなっても、返済すべき総額に変化はないため、ただ単に完済が先延ばしになっていると言えます。

 

返済期間が長くなると、利息の支払額が大きくなるのはローンの鉄則です。

 

結局利息支払いがかさみ、返済総額で見ればさほど大きな効果がなかったという事例も出てくるわけです。

 

このようにおまとめローンにはデメリットもあることを頭に入れて、利用するかどうか検討しましょう。

 

もしおまとめローンを利用するなら、お金ができればどんどん返済をしてしまうことです。

 

繰上返済を繰り返して完済までの期間を短くすれば、それだけ利息の支払額も少なく抑えられるわけです。

 

またおまとめローンで借金返済を一本化してもなお、問題を解決できない人もいるでしょう。その場合には、債務整理で借金の整理をすることも視野に入れた方が良いでしょう。

 

どの方法を選択することが自分のとってベストなのかわからない人は、一度弁護士などの専門家に相談してみることです。

おまとめローンで借金一本化!デメリットを考えよう

毎月の借金返済が苦しいという人もいるでしょう。

 

キャッシングや消費者金融、カードローンなど複数から借金があれば毎月何度も返済日がやってきます。

 

おまとめローンを利用して借金一本化すれば返済日が1日になるのでずいぶん楽になると言われていますが、デメリットはないのでしょうか。

 

借金返済の一本化とは、複数の借入先の借金について、その全額を1社から借り入れることによって返済し、その後はその借り入れた1社にのみ返済を続けていくという方法ですから、借金を一本化することができます。

 

ただし、借金を一本化することで新たに借金が増える可能性も否定できないのです。

 

借金をまとめる場合、一つの借入先からお金を借りて今まで借り入れをしていた金融業者すべての借金を完済することになります。

 

見た目的には借金が完済できているので、以前の借入先の限度額の枠が空いてしまい、借金することが可能になります。

 

もしかすると以前の借入先が融資やキャッシングの勧誘をしてくる可能性もあります。甘い言葉に乗せられ、つい借り入れをしてしまうとまた借金は増えてしまうのです。

 

もう絶対に借金はしない、ローンは借りないと強い意思があればいいのですが、毎月の返済額を支払った後に苦しい経済状況になるとつい新たな借金をしてしまうかもしれません。

 

自分で自分の首を絞めないように、借金は絶対にやめましょう。

 

もし新たに借金を作ってしまったらまた返済が苦しくなるでしょう。

 

この場合には債務整理を考えたほうが良いです。

 

債務整理をするのに年収の制限などはありません。

 

安心して利用してください。

 

おまとめローンを利用すれば支払先はひとつになりますが、完済までの期間が長くなるといったデメリットもあるのです。

 

また、おまとめローンを利用したくても審査に通らなくて借金を1本化することができなかったという人もいます。

 

消費者金融でキャッシングを利用するときの審査は比較的通りやすいのですが、おまとめローンの審査は厳しめなので誰でも通ることはないのです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所