MENU

借金返済のために保険解約をするのはどう?

借金返済が厳しくなっていて、どうすればいいか途方に暮れている人もいるでしょう。

 

もし借金返済が厳しくなったら、家計の出の部分の見直しをすることです。

 

借金返済が苦しい家庭の中には、いろいろな保険に加入している人もいるでしょう。

 

この月々の保険料の支払いが大変なケースも多いはずです。

 

この場合、保険解約をまず進めて保険料の節約をし、それを借金返済に回すというのも一つの手法ではあります。

 

しかし保険に入っている人の中には、「自分がいざというときのための生命保険だから」とか「子供の教育費のための学資保険を外したくない」と思う方もいるでしょう。

 

確かにいざというときのための保険ですから、解約してしまうと心もとなく感じられるかもしれません。

 

保険も大事なものですが、何を優先するかを考えてみましょう。

 

借金返済には、元金の返済の他にも利息の支払いをしなければなりません。

 

カードローンを利用している場合、金利は低くても10%以上はするでしょう。

 

消費者金融を利用しているのであれば、18%近い高金利で利息の支払いをしているはずです。

 

この利息の支払いというのは、年間で見てみると決して無視できないコストなのです。

 

またローンの利息は日割りで計算されますので、どんどん短期間で返済した方が返済総額も少なくできます。

 

そこでいったん保険解約をして、保険料のお金を借金返済に回します。

 

そして完済時期を少しでも前倒しにしてしまうのです。

 

そして借金問題が解決したところで、再び必要な保険に加入すればいいのです。

 

何十年と続く問題ではないでしょうし、万が一長期戦になるのなら、債務整理などほかの方法で問題解決していく必要があります。

 

数年の我慢になることが多いでしょうから、いったん保険解約してもほとんどのケースで再び加入はできるはずです。

 

全てを手元に残しておきたいという気持ちはわかります。

 

しかし借金返済がそのせいで厳しくなっているのなら、優先順位を考えることが大事です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所