MENU

借金返済額の減額ができるかも

少し前に借金をして、今でも返済を続けている人はいませんか?

 

そのような人はもしかすると、過払い金が発生している可能性があります。

 

皆さん「グレーゾーン金利」という言葉を耳にしたことはありませんか?

 

グレーゾーン金利の部分は、法的に利息として認められません。

 

グレーゾーン金利に関して詳しく見ていきますと、かつて利息に関する法律は2種類ありました。

 

最高で年利20%上限とする利息制限法と29.2%を上限とする出資法です。

 

利息制限法には罰則規定がなく、出資法には罰則規定がありました。

 

そのため利息制限法を超えるけれども出資法以内という金利で、利息の支払いを受けていたのです。

 

今ではコマーシャルなどでも頻繁に宣伝されている有名な消費者金融でも、グレーゾーン金利を活用していたほどです。

 

しかし裁判所の判断で、利息制限法を超える部分に関してすべて利息は無効と判断されました。

 

また利息制限法と出資法の上限金利を同じにすることで、現在では事実上グレーゾーン金利は撤廃されています。

 

平成21年に完全撤廃になっていますから、それ以前に借り入れをしていてまだ借金返済を続けているようであれば、過払い金が発生している可能性があります。

 

もしグレーゾーン金利で返済をしていることがわかれば、その部分は元本の返済に充てることが可能です。

 

そうすると無条件で、借金返済額を減額できるわけです。

 

もしこのような過払い金があるかもしれないと思っているのなら、一度弁護士などに相談してみると良いでしょう。

 

弁護士に依頼すれば、借金の引き直し計算をしてくれます。

 

過去の取引明細をすべて保存していなくても、弁護士は借入先に対して情報の開示請求を行えます。

 

そして利息制限法に則った利息の引き直し計算を行って、過払いが発生しているかどうかを確認してくれます。

 

場合によっては過払い金を使って借金を完済できることもあり、過払い金を債権者から返還してもらえる可能性も出てきます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所